それでも人事になりたいですか? ~ぷりん男爵のおもしろ人事奮闘記~

こんにちは。ぷりん男爵です。某エンターテインメント企業で、10年以上人事の仕事をしています。人事の仕事って一言でいってもいろいろありますよね。なので、このブログでは、人事の知られざる日常について、時にまじめに、時に楽しくお伝えしていきたいと思っています。肩の力を抜いてお楽しみください。

スポンサーリンク

働き方改革と人事の仕事

スポンサーリンク

 

こんばんは。ぷりん男爵です。

 

毎日、血反吐が出るほど忙しいです。(T_T)

 

労働時間削減など、働き方改革を推進する身でありながら、自らがその働き方改革推進の業務に多くの時間を取られ、毎日深夜に帰宅するというこの矛盾。

 

忙しい忙しいと口にすると、なんだか追い詰められた気分になるので、あまり考えないようにはしていますが、忙しいものはやっぱり忙しい。

 

こんな状態はしばらく続きそうです・・。

 

 スポンサーリンク 

 

 

さて、働き方改革といえば、ぷりん男爵が勤めている会社でも、来年度より土日祝日勤務が全面禁止になることが、役員会で正式に決定しました。

 

当社はWEBやスマートフォンなどのコンテンツ制作を行っている制作会社なので、残業は非常に多いです。土日出勤も当たり前という風土なので、今回の決定は非常に大きいものになります。

 

ぷりん男爵は、まずは従業員代表に話をし、その後、管理職に向けて説明を、最後に全従業員に向けて説明会を実施するのですが、果たしてどんな反応になるのでしょうか。

 

これまで、休日ありきでスケジュールを組んでいたものを、平日のみで仕事を片付けなければならなくなるのですから、今までのやり方のままでは、当然仕事は回らなくなります。

 

仕事を効率化し、惰性でやっていたような無駄な作業をやめなければ、絶対に無理ですよね。

 

いわゆる職人のようなおじさん従業員からは反発が予想されます。彼らは自分のやり方に固執する傾向があるので、新しい価値観を取り入れるのが苦手なのです。

 

一方、若い従業員やワークライフバランスを重視する女性従業員からは歓迎の声が聴かれるでしょう。

 

時代が変わっていく中で、その最前線に立ち、会社を新しいステージへと導いていく人事という仕事は、非常にやりがいがありますね。

 

まあストレスも半端ありませんが。(笑)

 

皆さんの会社では働き方改革、進んでますか?

 

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■■ LEC東京リーガルマインド★オンラインショップ【LEC On-line】 ┗■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 法律・会計・経営・人事・労務・不動産・国際・IT・福祉系から趣味・実用まで さまさまな分野をカバー!! 取りたい資格が、きっと見つかります。 詳細は、こちらから↓ https://online.lec-jp.com/ https://track.affiliate-b.com/visit.php?guid=ON&a=37375c-y244304w&p=R652208h

 

にほんブログ村 経営ブログ 人事労務・総務へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村

 スポンサーリンク

 

いまCMで話題の「モチベーションクラウド」とは一体どんなサービスなのか。(評価と感想)

スポンサーリンク

 

こんばんは。ぷりん男爵です。

 

最近テレビでよく見るCMに、リンクアンドモチベーションという会社の「モチベーションクラウドっていうサービスがあるんですけど、ご存知でしょうか。役所広司さんが出演されてますね。

 

www.motivation-cloud.com

 

ぷりん男爵が勤めている会社でも、このモチベーションクラウドは導入してまして、大変お世話になっています。

 

いわゆる組織診断ツールなのですが、従業員が130問程度のアンケートに答えると、人的資源や理念戦略、事業内容、仕事内容、組織風土など細分化された項目について、従業員がどう思っているのかがグラフになって表示され、各セクションごとに偏差値が表示されるという仕組みになっています。

 

今までもこういった組織診断ツールはたくさんあったのですが、偏差値になって表示されるというのはちょっと面白いですね。結構残酷な結果が出るので、組織を率いるマネージャーは結果を見て青くなることもしばしば。

 

そして、その結果に応じたアクションプラン(何をどう改善していくか)を各セクションのマネージャーは目標として掲げ、以降は定期的にそのアクションプランに応じた数問程度の短いアンケートが従業員に配信され、経過を観察していきます。(フォーカスサーベイといいます。)

 

そして、半年とか1年とか時間が経過した後に、再度130問くらいのアンケートを配信し、また偏差値が表示されるのです。

 

定点的に分かりやすい数字で組織の状態が把握できるので、今後企業として何をしていくべきかが明確になり、無駄なく集中的に組織改善ができるというツールです。

 スポンサーリンク 

 

 

私は、人事のマネージャーとして、このモチベーションクラウドを使った組織改善施策を推進する立場にあるのですが、確かによくできたサービスだな。と感心しています。

 

ただ、難点もありまして、それは従業員の協力が得られないと、このサービスが宝の持ち腐れになってしまうということ。

 

特に管理職の協力は必須で、いくら組織の状態が数値でわかったとしても、それを改善しようという管理職のモチベーションがないと、従業員としては「あんなに長いアンケートに答えたのに、会社は何もしてくれないし、何も変わらないじゃないか!」と、逆に不満が発生することにもなりかねないのです。

 

ぷりん男爵の会社は、クリエイターが多い会社のため、最初は反発も多かったですね。

 

こんな事をやっても意味ないとか、そんな時間があるなら、本来の仕事に集中させて欲しいとか。

 

ただ、2年ほど運用してきたのですが、今では割りと協力も得られるようになり、明らかに以前とは変わったよね。というセクションも出てきました。

 

管理職を巻き込んで粘り強く、そして継続して行うことにより、ちょっとずつですが、道が開けてきた感じです。

 

もしあなたが人事の仕事をしていて、モチベーションクラウドに興味があるなら、やって損はないと思いますよ。

 

ただ、腐った組織ほど、こういったサービスの導入には否定的で、反発も大きいでしょうから、人事の負担はかなり大きなものになることも併せて付け加えさせていただきます。導入したら即結果が出るという類のものではありませんのでご注意を。

 

余談ですが、リンクアンドモチベーションの創業者は、小笹芳央(おざさよしひさ)さんと言いまして、リクルート出身の方なのですが、10年近く前に、小笹さんが講師の企業のモチベーションアップセミナーに参加したときに、本当に熱いハートを持った方だな。と、強く思ったことを今でも覚えています。

 

こういう熱い経営者が引っ張る会社は、やっぱり大きく成長しますよね。

 

それに引き換え、ぷりん男爵の会社はというと・・。笑

 

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■■ LEC東京リーガルマインド★オンラインショップ【LEC On-line】 ┗■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 法律・会計・経営・人事・労務・不動産・国際・IT・福祉系から趣味・実用まで さまさまな分野をカバー!! 取りたい資格が、きっと見つかります。 詳細は、こちらから↓ https://online.lec-jp.com/ https://track.affiliate-b.com/visit.php?guid=ON&a=37375c-y244304w&p=R652208h

 

にほんブログ村 経営ブログ 人事労務・総務へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村

 スポンサーリンク

 

 

社労士資格を取得しようか迷っているあなたへのアドバイス

スポンサーリンク

 

こんばんは。ぷりん男爵です。

 

先日、私が新卒で入社した会社の仲間たちと、久しぶりに会って飲み会をやったんですよ。

 

参加メンバーは、私の直属の指導担当だった3歳年上の上司(Aさん)と、割と仲良くさせていただいていた2歳年上の先輩社員(Bさん)、あとは1歳年下の後輩(Cさん)、2歳歳下の後輩(Dさん)それに私を加えた5名。

 

私が新卒の頃からなので、もうかれこれ25年近い付き合いとなります。(年齢がバレちゃいますね。笑)

 

ちなみに私は入社当時、ゲームソフトの開発やゲーム場、遊戯施設の運営を行う会社のホールスタッフとして勤務していました。

 

私がその会社に入社して数年が経ったころ、私は人事異動により広報・宣伝部門でキャリアを積んでいたのですが、なんの前触れもなく(若かった頃の私にはそのように感じた)その会社は大手パチンコメーカーに買収され、以降、数年かけて多くの従業員はリストラされることになったのです。

 

会社は従業員を守ってくれない。と強く意識するようになった私は、買収された後に資格の学校LECに通い、1年半の期間猛勉強し、社会保険労務士と簿記2級の資格を取得し転職。リストラされる前に自ら会社を去りました。

 

そして時が経ち平成31年

 

当事の仲間たちはというと・・・。

 

私の上司だった者(Aさん)は、以降転職を繰り返し、50歳近い年齢となった今も、年収300万円程度の派遣社員として勤務。(奥さんとお子さんが3人います・・。)

 

先輩だった従業員(Bさん)は、しばらく無職の期間を経た後に、全く畑違いの業界で超安月給で事務の仕事をしながら、休日は雀荘に入り浸る日々。(バツイチ独身)

 

後輩(Cさん)は、リストラされることなくその会社にとどまり、いまや関東一円の店舗を統括するマネージャーの地位へと駆け上っていきました。

 

もう一人の後輩(Dさん)は、一念発起し、クリエイター養成の専門学校に入学。猛勉強の末、フリーのライターとして独立。小説なども書いています。

 

私は、社労士の資格を取得後に転職先の大手社労士事務所で営業兼コンサルタントの経験を積み、その後携帯電話向けゲーム開発会社で人事立ち上げの仕事に携わったのち、今は大手エンターテインメント系のグループ企業で、人事マネージャーの仕事をしています。

 スポンサーリンク 

 

 

時って残酷だなーって思うんですよ。

 

その会社が買収された約20年前は、間違いなくそのメンバーの中では元上司(Aさん)がヒエラルキーのトップにいたわけです。

 

でも今は完全に逆転してしまいました。

 

Aさんは、当事から夢ばかりを語る人で、その割には何の勉強もせずに、何かいやなことがあると「ツイてない」とか「時代が悪い」とか、何かのせいにばかりするような人でした。

 

Bさんは、とにかくギャンブルが好きで、日銭を稼いでは、雀荘で全部使っちゃうような方でした。

 

Cさんは、不器用ながらもとにかくまじめで、ビジネス書を読んだり、自身で有料のセミナーに通ってマーケティングの勉強をするような努力家でした。

 

Dさんは、クリエイター志向の強い方で、目標に向かってとにかく突き進むような熱いハートを持った方でした。

 

みんな今でも仲がよく、かけがえのない仲間たちではあるのですが、やっぱり苦労している元上司や先輩の姿を見ると、自業自得とはいえ、心が痛くなるんですよね。

 

いま、社労士試験を受験しようかどうしようか迷っているそこのあなた。

将来の自分を創るのは、今のあなた自身に他なりません。

 

若いうちの苦労は買ってでもしておいた方がいいですよ。

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■■ LEC東京リーガルマインド★オンラインショップ【LEC On-line】 ┗■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 法律・会計・経営・人事・労務・不動産・国際・IT・福祉系から趣味・実用まで さまさまな分野をカバー!! 取りたい資格が、きっと見つかります。 詳細は、こちらから↓ https://online.lec-jp.com/ https://track.affiliate-b.com/visit.php?guid=ON&a=37375c-y244304w&p=R652208h

 

にほんブログ村 経営ブログ 人事労務・総務へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村

 スポンサーリンク