それでも人事になりたいですか? ~ぷりん男爵のおもしろ人事奮闘記~

こんにちは。ぷりん男爵です。某エンターテインメント企業で、10年以上人事の仕事をしています。人事の仕事って一言でいってもいろいろありますよね。なので、このブログでは、人事の知られざる日常について、時にまじめに、時に楽しくお伝えしていきたいと思っています。肩の力を抜いてお楽しみください。

スポンサーリンク

人事の第六感

スポンサーリンク

 

こんばんは。ぷりん男爵です。

 

人事の仕事をしていると、採用面接を通じてたくさんの方とお話をする機会があります。

 

私の場合、これまでの10年に及ぶ人事経験を通じて、最低でも2,000人以上の方とお話しさせていただきました。(大企業で大量に採用を行っている人事の方に比べれば全然少ない方だと思いますが)

 

そうすると、経験的に「あ、この人は何かが怪しいぞ・・・。」という事が、だんだんと分かるようになってくるのです。

 

経歴を盛っているのではないか。

何か大事なことを隠しているのではないか。

ウソをついているのではないか。

 

ちょっとした仕草や口調などから、そこはかとなく漂ってくる危険なかほり。

 

いわば第六感みたいなものなのですが、こういうのって結構当たるんですよね。

 

一緒に面接に出ている現場の方が、面接で応募者を気に入って採用。でも、自分的には何かがおかしいと感じている。まあ、でも現場が気に入っているからいいか・・・。

 

そうやってすっきりしないまま採用した方は、かなりの確率で、入社後に何かしらの問題を起こします。いや、本当に。

 

実務経験があるから。即戦力だから。

 

現場としては即戦力がほしいのはわかるけど、それだけで採用すると、のちのち痛い目に合うことがあります。

 

実務経験はあとでも磨けますが、人間性や性格は生まれ持ってのものですからね。

 

やっぱりお人柄がいい人を採用した方が、のちのち会社にとって幸せになると思います。お見合いと一緒ですね。

 

では、今日も一日お疲れ様でした!

 

にほんブログ村 経営ブログ 人事労務・総務へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村

スポンサーリンク