それでも人事になりたいですか? ~ぷりん男爵のおもしろ人事奮闘記~

こんにちは。ぷりん男爵です。某エンターテインメント企業で、10年以上人事の仕事をしています。人事の仕事って一言でいってもいろいろありますよね。なので、このブログでは、人事の知られざる日常について、時にまじめに、時に楽しくお伝えしていきたいと思っています。肩の力を抜いてお楽しみください。

スポンサーリンク

働き方改革関連法案と紀州のドン・ファン

スポンサーリンク

 

こんばんは。ぷりん男爵です。


働き方改革関連法案が国会で審議されていますが、ほとんどテレビのニュースとかで取り上げられないんですよね。


せいぜいヤフーニュースでたまに見かけるくらい。


これ、ほんと不思議です。


みなさんの生活や仕事に直接関わってくる話なのに、マスコミの取り扱いは驚くほど小さい。

 

先日、うちの会社で管理職研修があったんですけど、そこでほかの部署のマネージャーに「働き方改革関連法案の話ってどれくらい理解されてます?」って聴いてみたところ、ほぼ知識ゼロ状態でした。


せいぜい「労働時間減らせっていう例のあれでしょ?」くらいの反応。


でも、これって仕方ない部分も多少と思うんですよね。


ぼくらみたいな、人事に関連する仕事をしてる人なら、積極的に情報収集したり勉強したりもしますが、そうでもなければ、なかなか自発的に勉強しようとは思わないですもん。


マネジメントの意識が強い管理職ならともかく、日頃から現場仕事をしているクリエイターさんで、プレイングマネージャー的に管理職をされている方ならなおさらです。


だからこそ、テレビのニュースや情報番組などで、積極的にこういう話題は取り上げてもらいたいのですが、最近の話題といえば、紀州ドン・ファンが不審な死を遂げた話ばかり。愛犬のイブちゃんがどうとか。家政婦がどうとか。

 

もう、国民総探偵状態ですよ。


もちろん、一人の方が亡くなってますし、このニュースも重要だとは思いますが、ここまで時間割いてやる話題なのでしょうか?

ちなみにその前は日大アメフト部の話ばかり。あとは森友・加計問題とか。


極端なんですよね。報道が。


どれも大事なニュースであることは確かなのですが、もっとバランスよくいろいろな事を知りたいのに、どこのチャンネルをかけても同じニュースを飽きるまでひたすら流してる状態。


その裏で、大事なことがいつの間にか国会の審議を通過してて、あとで国民が知ったときにはあとの祭りみたいなことってよくあります。


これって日本だけなのでしょうか。

それとも、他の国もみんなこうなのかな?


なんだかなーと思う、今日この頃です。


では、今日も1日お疲れさまでした!

にほんブログ村 経営ブログ 人事労務・総務へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村

スポンサーリンク