それでも人事になりたいですか? ~ぷりん男爵のおもしろ人事奮闘記~

こんにちは。ぷりん男爵です。某エンターテインメント企業で、10年以上人事の仕事をしています。人事の仕事って一言でいってもいろいろありますよね。なので、このブログでは、人事の知られざる日常について、時にまじめに、時に楽しくお伝えしていきたいと思っています。肩の力を抜いてお楽しみください。

スポンサーリンク

従業員英雄列伝1(華麗なる病欠男編)

スポンサーリンク

 

こんばんは。ぷりん男爵です。

活躍を期待してご入社いただいたキャリア採用の方が、なかなか期待していたパフォーマンスが発揮できず、退職にいたる。

採用の仕事をしていると、こういうことはまああります。
 
どんなに面接の経験を積んでも、残念ながら、短い時間でその方の全てを把握するのはなかなか難しいです。

ただ、完全なる問題児を採用してしまうケースはそう多くはありません。

さすがに、面接で「あれ?この人ちょっとやばいかも。。」というのは、たいていの場合気づきますので。

それでも、中には面接での感触はめちゃくちゃいい感じだったのに、入社したら豹変するということもありまして。

「うわ!まじかー。だまされたー!」的な。

以前、エンジニアで採用したAさん(30歳前半男性)もその一人でした。

面接の時はほがらかな笑顔で「御社に入社するのが夢でした!」と語り、「長所は頑丈なところです!」と答えていたAさん。

スキル的にも問題なく、コミュニケーションも取りやすい方で、満場一致で採用となりました。

そして、入社初日。

なかなか現れないAさん。すると、会社に電話が一本。

Aさん「すみません。Aですが、昨日食べたものが悪かったのか食中毒になってしまいまして、今日の出社が難しくなってしまいました。」

えー!まじで?

なんて、ついてない人。

食中毒じゃ、しょうがないよね。

その時は現場も含め、みんなそういう反応でした。まだ、Aさんのことを疑う者は誰もいませんでした。

二日目。

Aさん出社。

「本当に昨日はすみませんでした。」

ぷりん男爵
「いや、大丈夫ですよ。もうお体は平気なのですか?無理しないでくださいね。」

そんな感じで、ああよかった!と胸をなでおろしたのです。

しかし、その三日後。

再び会社に来ないAさん。すると会社に電話が一本。

Aさん「すみません、インフルエンザ(A型)にかかってしまいまして。しばらくお休みをいただければと。。ゲホゲホ。」

えー!まじで?

なんて、ついてない人!

この間は食中毒で今度はインフルエンザ。なんかお祓いしたほうがいいんじゃない?

現場の反応はこんな感じでした。

ぷりん男爵は、ほんとかなー。ちょっと怪しいぞ…と思いながらも、まあでもなくはないか。。と、疑念を押し込め、ひとまずAさんを信じることにしたのです。

一週間後。

Aさんから再び電話。

A「すみません、インフルエンザは治ったのですが、今度は猫アレルギーにかかってしまいまして、ちょっと会社に行ける状態じゃないんです。」

猫アレルギー!?

インフルエンザで休んでた人が猫アレルギー?

おうちで飼ってるのかな?でも猫アレルギーの人がそもそも猫飼わないよな。

どういうこと?

さすがにこのときは、現場も含め、あいつやばいんじゃないか。という雰囲気に。

そしてさらに三日後。

A「すみません、今度は新型インフルエンザにかかってしまいました。一週間お休みをいただけますか?」

いやいやいやいやー。

ないでしょ。確率的にないでしょ。

そして、当時の上司と二人協議した結果、「これをラストチャンスにして、もし次にこういうことがあったら残念だけど、退職勧奨しよう。」と決めたのです。

一週間後。

Aさんは何とか出社しました。

本当に入社早々申し訳ない。二度とこういうことがないよう体調管理を万全にする。と平謝り。

とりあえず、インフルエンザの診断書は持ってきてね。と話をし、一旦は様子をみることにしました。

季節は12月。もうすぐ仕事納めということもあり、来年は気持ちを新たに頑張ってくれることを信じて。
 
ちなみに忘年会のビンゴ大会でAさんは、特賞の「有名テーマパークのペアチケット」をゲットし、若干周囲は不穏な空気になったのでした。w

年が明けて、仕事始めの日。

Aさんから電話。

Aさん「すみません。ひどい風邪をひいてしまいまして、熱が下がらないのでしばらく休ませてください。」 

いやいやいやいや。

もう無理でしょ。

さすがに現場も「あの人何のために採用したんですか?ありえないっす!」という激おこモードに。

そして…。

その後、彼は二度と会社に来ることはありませんでした。

私と上司とで、彼のご自宅まで伺い、退職勧奨したのです。

最初は次に会社にきたときに、退職勧奨の話をしよう。という段取りになっていたのですが、風邪が治ったあとは、またインフルエンザ(B型)にかかったという連絡があり、決死の覚悟でこちらから出向いていったのです。

今頃、Aさんがどこで何をしているのか分かりませんが、また同じようなことをどこかで繰り返しているのでしょうか。
 
でも、そもそも何のために?謎だらけです。

見抜けなかったー!(>_<)と、しばらく採用面接に自信をなくしたぷりん男爵だったのでした。

あなたはそれでも人事になりたいですか?
 

にほんブログ村 経営ブログ 人事労務・総務へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村

スポンサーリンク