それでも人事になりたいですか? ~ぷりん男爵のおもしろ人事奮闘記~

こんにちは。ぷりん男爵です。某エンターテインメント企業で、10年以上人事の仕事をしています。人事の仕事って一言でいってもいろいろありますよね。なので、このブログでは、人事の知られざる日常について、時にまじめに、時に楽しくお伝えしていきたいと思っています。肩の力を抜いてお楽しみください。

スポンサーリンク

従業員英雄列伝2(前髪を垂らす男編)

スポンサーリンク

 

こんばんは。ぷりん男爵です。

 

いよいよ今夜はワールドカップポーランド戦ですね。正直、最初はほとんど期待してませんでしたが、ここまできたら、なんとか決勝トーナメントまで進出してほしいです。頑張れニッポン!!

 

さて、今回は従業員英雄列伝の2回目です。

※従業員英雄列伝の第一回目はこちら

dhouou.hatenadiary.jp

 

今回も、私が今までに出会った強烈なキャラの中からおひとりに登場していただきたいと思います。それではいってみましょう!

  

以前、社員研修の講師をしていたときの話です。

 

そのときのテーマは、コミュニケーションの重要性について。 人が人とコミュニケーションを取る上でのポイントや注意事項などについて、中堅社員10名程度を対象にぷりん男爵がお話するという場でした。

 

研修内容としては、対人コミュニケーションにおいて、誰しも「話しやすい人」と「話しにくい人」がいると思うが、その差はどこからくるのかというのを参加メンバーにそれぞれ考えてもらい、「では、あなたは話しやすい人になれてますか?」という問いかけをするような感じの流れでした。

 

結論としては、「相手の立場になって、きちんと話を聴く姿勢のある方は話しやすい人になれるので、自己中心的にならないよう気をつけましょう」というような話だったんですけど、参加メンバーのひとりがそれに異を唱えてきたんですね。

 

その方はKさん。35歳のプログラマーです。

 

プログラマーとしてのスキルは高いものの、常に死んだ魚のような目をしており、ゆらゆらと歩き、時折、全然面白くもない場面でにやりと笑う、ちょっと不気味な方でした。

 

やせ形で前髪を長く垂らす姿は、男版「リングの貞子」といった雰囲気を醸し出しており、私は正直苦手なタイプでした。(あまり得意な方もいないと思いますが)

 

Kさん「ぷりん男爵さんは、話しやすい人とは相手の立場になって聴く姿勢を持つ人とおっしゃいましたが、私は違うと思います。」

 

ぷりん「それはなぜですか?」

 

Kさん「私にとっての話しやすい人は、私のいう事を無条件に全面的に支持してくれる人です。私と意見が少しでも食い違う人は話にくい人です。そこに相手の立場とかは関係ないと思います。」

 

ぷりん「でも、それではあなたがよくても、相手にとってKさんは話しやすい人にはなれませんよ?」

 

Kさん「相手が私をどう思うかなんて、知ったことではありません。私がよければそれでいいんです。」

 

ぷりん「・・・」

 

研修会場に重苦しい空気が流れました。「うわ、やべーあいつ。」というささやき声。そりゃそうだ。

 

一度凍ってしまった場の空気は二度と解凍されることなく、この研修は終了。Kさんのおかげで見事なまでに大失敗に終わったのです。

研修終了後、ため息まじりのぷりん男爵に、Kさんが追い打ちをかけるように話しかけてきました。

 

スポンサーリンク

 

 

Kさん「ぷりん男爵さん。今日はありがとうございました。」

 

ぷりん「いえ・・。」

 

Kさん「ぼく、人とのコミュニケーションって苦手なんですよね。」

 

ぷりん「まあ、見ていればわかりますよ。それにしても今日の発言はどうかと思いましたよ。個人的に。」

 

Kさん「そうですか?私はそうは思いませんが。ちなみに私が前髪を垂らしているのって何でだかご存知ですか?」

 

ぷりん「(突然なんだこいつ?)いえ・・。なぜですか?」

 

Kさん「私、人と話をしていて埒があかなくなると、そいつに頭突きを食らわしたくなるんですよ。もちろん実際にやることはありませんが。なので、この前髪を垂らしてるんです。」

 

ぷりん「どういうことです?」

 

Kさん「だって、前髪垂らしておけば、そいつの顔を見なくてすむじゃないですか。見なければ頭突きを食らわしたい衝動も抑えられます。いわば自己防衛策ですよね。」

 

ぷりん「(きゃー!!)」

 

Kさんはその後すぐに、ご自身の都合で会社を退職されました。

 

いやー心の底からホッとしました。

頭突きくらわされなくてよかった・・・。

 

ちなみにKさんは、私が採用した方ではなく、私が入社する前から働いていた方ですのであしからず。(笑)

 

にほんブログ村 経営ブログ 人事労務・総務へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村

スポンサーリンク