それでも人事になりたいですか? ~ぷりん男爵のおもしろ人事奮闘記~

こんにちは。ぷりん男爵です。某エンターテインメント企業で、10年以上人事の仕事をしています。人事の仕事って一言でいってもいろいろありますよね。なので、このブログでは、人事の知られざる日常について、時にまじめに、時に楽しくお伝えしていきたいと思っています。肩の力を抜いてお楽しみください。

スポンサーリンク

採用活動における奥様の存在と内定辞退について

スポンサーリンク

 

こんばんは。ぷりん男爵です。

 

あっという間に梅雨があけたと思ったら、この酷暑。暑い。暑すぎる…。

もういっそ気温30度を超えたら、会社が休みになればいいのに…。

 

さて、今日は中途採用内定者の面談を実施しました。

 

今回内定をお出ししたTさん(32歳)は、昨年結婚したばかりのシステムエンジニアの方です。

 

とても真面目な人柄で、当社及びエンターテインメント業界へ転職したいという熱いパッションを持ち、過去の職歴も非常に綺麗で転職理由にも問題はなく、スキルも兼ね備えていたことから、満場一致での採用が決まった逸材です。

 

今日は、労働条件(給与額など)の提示をし、入社後のイメージを所属部署の責任者やメンバーから語ってもらい、仕事場の雰囲気をみてもらうために社内を案内し、最後に質疑応答で入社後の不安を払拭してもらうという一連の会でした。

 

Tさんはとても優秀な方なので、当社以外にも複数の内定をもらっているようなのですが、話を聴く限りでは、当社への入社意欲がとても高く、相思相愛という雰囲気。

 

「面接に伺った時から、御社が一番行きたい会社でした。」

 

との嬉しいお言葉もいただき、「これは、今日ここで入社を決めていただけるかも!」と期待をしていたところ、最後にTさんからひとこと。

 

「あとは妻を説得できるかどうかなんですよね…。」

 

どうやら話を深堀りしていくと、結婚したばかりでの転職に、奥様が慎重になっているようなのです。

 

もっとじっくり転職先を考えたほうがいいのではないか。

 

っていうか、そもそも会社を辞めないという選択肢もあるのではないか・・。

 

 

うわー!まじかー!!

 

 

実は奥様からの反対で入社を迷われるという方はまあまあいらっしゃるのですが、その時の勝率(内定受諾率)は5割を少し切るかもという厳しいものでして…。

 

「まあ入社は堅いっしょ!」って方から、内定を辞退されたケースも多いんですよね。

 

うちの会社はGoogleでもアップルでもないので、給料はそんなに高くないですし、知名度も超大手一流企業と比較したら雲泥の差です。

 

なので、奥様が慎重になる気持ちも分かります。 でも、なかなか出会えない逸材。これからの会社の成長に弾みをつけてくれる人材なだけに、なんとか奥様を説得して入社してほしいところです。

 

採用活動をしていて、変な人やロクでもない人に出会うのは超簡単なのですが(笑)、これは!っていう逸材に出会えるのって本当に稀なんですよ。だから、逃したときのダメージは半端ないのです。

 

先方が入社するかどうかの結論は、来週火曜日にご返答をいただくことになっています。さて、どうなるか。

 

Tさんの奥様!

なにとぞなにとぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m

 

【追記】

ということで、Tさんから返事がありました。

果たして結果は・・・。

内定受諾かそれとも辞退か。結果は・・・。 - それでも人事になりたいですか? ~ぷりん男爵のおもしろ人事奮闘記~

 

にほんブログ村 経営ブログ 人事労務・総務へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村

スポンサーリンク