それでも人事になりたいですか? ~ぷりん男爵のおもしろ人事奮闘記~

こんにちは。ぷりん男爵です。某エンターテインメント企業で、10年以上人事の仕事をしています。人事の仕事って一言でいってもいろいろありますよね。なので、このブログでは、人事の知られざる日常について、時にまじめに、時に楽しくお伝えしていきたいと思っています。肩の力を抜いてお楽しみください。

スポンサーリンク

転職活動と白馬の王子様

スポンサーリンク

 

こんばんは。ぷりん男爵です。

 

人材紹介会社経由で応募され、営業職で内定をお出ししている女性でAさん(24歳、営業経験2年)という方がいまして、現在、内定を受諾するか辞退するかの返答をお待ちしている状態なのですが、どうにも旗色が悪そうな雰囲気なんですよね。

 

先方からの希望給与よりも高い給与額を提示し、こちらとしては最大限の評価をしているのですが、なかなか首を縦に振っていただけない。

 

その理由を紹介会社のエージェントに聴いてみたところ、

 

「やりたい仕事もできるし、評価もしていただいたので、御社にはかなり魅力を感じているようなのですが、どうやら、給与、職場環境、仕事内容、会社のネームバリュー、企業規模、扱ってるサービスなど、もっと完全にご希望と一致した会社が必ずあるはずだと思われているふしがあり、内定が出てもなかなか決めきれないようです。実際、これまでにも、とてもいい条件の会社の内定を何社か断っており、私どもとしてもちょっと困っているところです。」とのお返事。

 

 

ハッキリ言いましょう。

 

そんなパーフェクトな会社が見つかる可能性は、砂漠で砂金を探すような作業に等しいです。

 

もし万が一見つかったとしても、その会社に入社できる可能性を考えると、確率はさらに低くなります。

 

スポンサーリンク 

 

 

転職活動って、たびたび婚活に例えられるように、ご縁なんですよね。

 

そりゃ、高身長で年収も高く、家柄も最高、性格も優しく、しかもイケメン、仕事もバリバリできて、家事もこなす、なんていうスーパーマンがいれば、誰しも結婚したいと思うでしょう。

 

確かに、世の中にはそういう人もいるとは思いますが、そういう人はやはり、それなりの相手を選ぶものです。

 

会社に置き換えるなら、超一流大手企業で福利厚生もしっかりしており、給与も高い、仕事内容も魅力的で立地もいい。人間関係も良好。

 

こんな企業はそもそも人が辞めませんし、採用をするにしても、新卒一括採用がメインで、中途採用で人を探すなんてことはあまりしないはずです。

 

仮に探すとしても、専門職や管理職として数々の経験を積まれてきたような方たちを、非公開求人やヘッドハンティング会社などを使って採用する事は考えられますが、第二新卒的な経験の浅い方を、積極的に受け入れるなんてことはあまりないように思います。

 

単純作業をするスタッフなら、派遣社員やパートでまかなえますし。

 

Aさんに関しては、初めての転職ですし、前職がとても忙しく、あまり休みも取れないような環境だったようで、今度は失敗したくないと、慎重になる気持ちは分かるのですが、あまり高望みしていると、なかなか就職先が決まらず、ブランク期間が長くなってしまい、ますます転職活動が厳しくなるという悪循環に陥る可能性が高いです。

 

ブラック企業に入社することは誰しも避けたいですし、自分の直感で「ここはやばそう・・・。」と感じた会社には絶対行くべきではないと思いますが、奇跡でも起きない限り現れない『白馬の王子様』をいつまでも探し続けるのは、得策とは思えません。

 

そうやって就職活動を続けている時間が長引けば長引くほど、無駄に時間を浪費してしまい、スキルアップの機会も失われてしまいます。

 

労働条件がある程度希望にそっていて、人間関係も良さそう、やりたい仕事もできる、この会社なら頑張れそう!って思える会社が見つかったら、思い切って飛び込んでみないと、あとで後悔することになりかねません。

 

ということで、そんな話をAさんに・・・できるはずもなく、先方からの返答を悶々としながら待ち続けるぷりん男爵なのでした。(T_T)

 

 

にほんブログ村 経営ブログ 人事労務・総務へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村

スポンサーリンク