それでも人事になりたいですか? ~ぷりん男爵のおもしろ人事奮闘記~

こんにちは。ぷりん男爵です。某エンターテインメント企業で、10年以上人事の仕事をしています。人事の仕事って一言でいってもいろいろありますよね。なので、このブログでは、人事の知られざる日常について、時にまじめに、時に楽しくお伝えしていきたいと思っています。肩の力を抜いてお楽しみください。

スポンサーリンク

役所を出入り禁止になった方のお話

スポンサーリンク

 

こんばんは。ぷりん男爵です。

 

以前(15年くらい前に)勤めていた社労士事務所のお話ですが、そこは全国に支店を展開しているかなり大きな事務所だったので、業務は四部門に分かれての完全分業制でした。

 

一つ目は、顧問先に訪問して、社長や人事部長などの相談に乗る顧客コンサルティング部門。

 

二つ目は給与計算を行うペイロール部門。

 

三つ目は労働保険や社会保険などの書類作成を行う手続き部門。

 

そして四つ目は、出来上がった書類を年金事務所(当時は社会保険事務所といってました。)やハローワーク、労基署などの役所に届出、申請に行くトラフィック部門。(電車や車であちこちの役所に行くのでこう呼ばれてました。)

 

顧客コンサルティング部門、ペイロール部門、手続き部門は、専門知識が必要なので、ある程度経験を積んだ方が配属されていたのですが、トラフィック部門はまだ知識や経験の浅い従業員や、パートさんなどが配属されることが多い部門でした。

 

役所での申請や届出業務って、ただ書類を提出するだけじゃなくて、窓口の方とやり取りする中で勉強できることも多いので、結構知識が付くんですよね。私も最初はこのトラフィック部門で経験を積み、その後手続き部門、顧客コンサルティング部門へとステップアップしていきました。

 

ちなみに、何度も同じ役所に通うと、窓口の方と顔見知りになり、仲良くなることも結構あって、そこで信頼関係が結ばれると「あ!添付書類に不備があった!」なんて時でも、「一旦受け付けますので、明日、忘れずに持ってきてくださいね。」と融通きかせてくれる事もあったり。(急ぎの処理の時には本当に助かりました。)

 

ところが、逆に役所の窓口の方を怒らせて、出入り禁止(出禁)になった方もいるんです。今回はそんなお話です。

 

50歳くらいのおば様だったでしょうか。その方はパートで働いておられまして、トラフィック部門で役所に書類を提出する仕事をしていたんです。

 

雰囲気的には、女優の高畑淳子さんが以前ドラマで演じていた「ナオミとカナコ」の李社長のようなイメージでしょうか。(マニアックですみません。分かりますか?笑)

 

とにかく我が強く、自分の意見を一切曲げない人だったんです。

 

事務所内でも、「あのおば様、ちょっとやばいよね。何か注意すると逆ギレするし…。」と、完全に腫れ物キャラになっていました。

 

そして、ある日。

 

たまたまそのおば様がお休みだった時に、私が代わりに役所に行く機会があったんですけど、そこで窓口の方からこんな事を言われたんです。

 

「すいません、お宅の社労士事務所からいつもいらっしゃるあの女性の方。もう来させないでもらっていいですか?正直迷惑なんです。怖いんですよ…。」

 

詳しい話を聴いてみると、どうやらおば様、役所でもかなり問題を起こしていることが分かりました。

 

書類に不備がありましたよと、役所の方が注意すると、

 

「いや、そんなはずはありません!ちゃんと見てください!!<`ヘ´>」

 

とデカい声を張り上げる。

 

しぶしぶ役所の方がもう一度確認するも、やはり不備があったので、その旨を伝えると

 

「私が悪いんじゃありません!書類を作ったのは別の人間なので、私に言われても困ります!もういいです!なんなんですか!この役所は!!きー!!!」

 

とさらに逆ギレ。

 

若い女性の窓口担当者は、そのおば様にキレられて、半べそ状態になったこともあったようで。

 

もう、ぷりん男爵、平謝りですよ。
うちの事務所の人間が本当にすみませんって。(T_T)

 

当然、その事は事務所の所長に報告しました。

 

所長も驚いてましたが、改めて本人にも事実確認をした上で、そのおば様には辞めてもらうことになりました。

 

おば様荒ぶってましたよね。不当解雇だとか言って。

所長がなんとか穏便に事を済ませようと、めちゃくちゃ苦労していたのを思い出します。

 

まあ、そもそも、なんでそんなとんでもない方を採用したのかっていう話なんですけどね。そのおば様を面接して採用したのは、他でもない所長本人なのですから。

 

後にも先にも役所を出入り禁止になったのは、あの方くらいじゃないかなー。

今では、懐かしい思い出です。笑

 

それでは、今日も一日、お疲れさまでした!!

  

にほんブログ村 経営ブログ 人事労務・総務へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村

 スポンサーリンク