それでも人事になりたいですか? ~ぷりん男爵のおもしろ人事奮闘記~

こんにちは。ぷりん男爵です。某エンターテインメント企業で、10年以上人事の仕事をしています。人事の仕事って一言でいってもいろいろありますよね。なので、このブログでは、人事の知られざる日常について、時にまじめに、時に楽しくお伝えしていきたいと思っています。肩の力を抜いてお楽しみください。

スポンサーリンク

覇気のない日本人学生と、やる気に満ちた外国人留学生。

スポンサーリンク

 

 

こんばんは。ぷりん男爵です。

 

先日、あるデザイン系(コンピュータグラフィック)の専門学校の学生さん向けに、会社説明会を開催したんですよ。

 

パワーポイントを使っての会社概要や特徴、同業他社と比較しての強み、扱ってるサービスや商品の説明、社内制度の説明、福利厚生や待遇の説明等という、ひととおりのお決まりのプレゼンが終わったあとに、その学校の卒業生の社員を数名呼んで座談会を開催したり、社内を見学してもらったりと、だいたい1時間くらいのプログラムで実施しました。

 

学生の参加者は約10名。当社に興味のある学生を、学校と連携して事前に募り、会社にお呼びしたのです。

 

当社では、こういったイベントを年に何回か開催するのですが、最近特に感じることがあります。

 

それは・・・。

 

日本人学生の元気のなさ。

 

せっかくの会社説明会だというのに、自分をアピールすることもなく、常にうつむき加減で、何か聞いても、小さな声でボソボソしゃべるのみ。

 

発言を促しても、周囲の様子を伺うばかりで、自発的に話すことなど一切なし。もう、見ててイライラします。

 

 スポンサーリンク 

 

 

一方で、発言も多く、積極的に自分をアピールし、挨拶もきちんとできるのが、外国人留学生。

 

当社に応募してくる外国人は、中国や韓国、香港、台湾などのアジア圏の方が多いのですが、一生懸命勉強した日本語をフル活用し、分からないことはどんどん質問してきます。本気度が全然違うんですよね。

 

これは覚悟の差なのでしょうか。

 

家族を説得し、遠い日本で一人で頑張っていくという覚悟は、相当なものだと思います。

 

昼間は学校で勉強し、夜はアルバイトで生活費を稼ぎ、土日は日本語学校へ。寝る間も惜しんで勉強に励んでいる学生さんがたくさんいます。

 

日本人の学生さんは、ネットを通じてのコミュニケーションでは、堂々としているのにも関わらず、実際にお会いしてみると、リアルコミュニケーションに慣れていないからか、モジモジして目もあわせられない。挨拶すらまともにできないという子がかなりの数、存在します。

 

もちろん、きちんとしたコミュニケーションが取れる日本人学生もいるのですが、比率的には圧倒的に外国人留学生のほうがしっかりしている印象を受けますね。

 

ということで、最近の当社では、外国人の新卒採用者が非常に増えてきています。

 

デザイン系、特にコンピューターグラフィックを用いたCG制作などは、外国で大人気で、ある学校の就職課の先生とお話したところによると、生徒の半数は外国人というクラスも、いまは普通にあるようです。

 

今後もこの傾向はさらに加速度的に進んでいくことでしょう。

 

10年後、20年後の当社はきっと外国人だらけに違いない。

というか、日本の企業の大多数がそうなっているような気がします。

 

このままで日本は大丈夫なのでしょうか。

 

今日面接をした日本人の学生さん(男性)も、やっぱり全く覇気のない子でした。趣味はアイドル系のアニメを見ること。お休みの日は、ひたすらそういうアニメを見ているようです。

 

まあ別に悪いとはいいませんが、なんだかなぁって思う今日この頃です。

 

にほんブログ村 経営ブログ 人事労務・総務へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村

 スポンサーリンク

 

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■■ LEC東京リーガルマインド★オンラインショップ【LEC On-line】 ┗■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 法律・会計・経営・人事・労務・不動産・国際・IT・福祉系から趣味・実用まで さまさまな分野をカバー!! 取りたい資格が、きっと見つかります。 詳細は、こちらから↓ https://online.lec-jp.com/ https://track.affiliate-b.com/visit.php?guid=ON&a=37375c-y244304w&p=R652208h