それでも人事になりたいですか? ~ぷりん男爵のおもしろ人事奮闘記~

こんにちは。ぷりん男爵です。某エンターテインメント企業で、10年以上人事の仕事をしています。人事の仕事って一言でいってもいろいろありますよね。なので、このブログでは、人事の知られざる日常について、時にまじめに、時に楽しくお伝えしていきたいと思っています。肩の力を抜いてお楽しみください。

スポンサーリンク

残念な応募者こそ丁寧に扱わなければならない。(面接官の心得)

スポンサーリンク

 

こんばんは。ぷりん男爵です。

 

ぷりん男爵は、採用の面接官として、新卒・中途採用を合わせると、本当に毎日のように誰かしらと面接をしているのですが、すべての方々が才能にあふれ、人柄もよく、やる気も抜群!なんてことはなく、当然ですが、採用基準に満たない残念な方々とも多数お会いすることになります。

 

当落線上なんていうものではなく、もう面接するだけ完全に時間の無駄。

やる気なし。志望動機も希薄。なんとかいいところを聴きだそうと努力をしてみても、あいまいな回答ばかりで何も出てこない。

 

そんな方とお話していると、適当に面接を切り上げて、たまっている仕事を片付けたい衝動に駆られます。

 

 ですが、こういった残念な応募者ほど、丁寧に扱わなければならないんです。

 

以前も少し記事にしましたが、ネット上には様々な採用口コミサイトが存在します。

www.soredemojinji.work

 

サイトによっては、応募者から見た企業の印象のようなものを載せているところもありまして、面接にいらした方が、面接官の印象や聞かれた事などを、事細かに投稿しているのです。

 

なので、いくら残念な応募者で、時間をかけて話しても時間の無駄だと思ったとしても、そういった態度が面接官に出ると、口コミサイトに「あそこの面接官はロクに話も聴いてくれないのに、不採用になった。クソだ。」などと書き込まれ、あっという間に世間に広まってしまいます。

 

 スポンサーリンク 

 

 

なので、不採用にする応募者こそ、人事は丁寧に扱わなければなりません。

 

面接官は笑顔でしっかりと話を聴き、きちんと選考してます。という姿勢を見せなければならないのです。

 

そうすれば、不採用になった方も「残念ながら落ちちゃったけど、面接官もちゃんと話を聴いてくれたし、いい会社だったよな。」という印象を持ち、ネット掲示板に書き込まれることもなくなるのです。

 

採用可能性が一ミリもない方の話を、一生懸命聴くのはなかなかに骨の折れる作業ではありますが、これも人事の仕事と割り切って頑張るしかありません。

 

また、同席する現場の面接官にもそのことは共有しておかなければなりません。

 

いくら人事が一人で頑張っても、その他の面接官の態度が悪かったら、意味ありませんからね。

 

どうせ落とす人なんだから、適当に話を聴いて、さっさと切り上げよう!という態度は、確実に相手に伝わります。

 

【残念な応募者こそ丁寧に。】

 

を合言葉に、人事は面接に挑まなければならないのです。

にほんブログ村 経営ブログ 人事労務・総務へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村

 スポンサーリンク

 

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■■ LEC東京リーガルマインド★オンラインショップ【LEC On-line】 ┗■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 法律・会計・経営・人事・労務・不動産・国際・IT・福祉系から趣味・実用まで さまさまな分野をカバー!! 取りたい資格が、きっと見つかります。 詳細は、こちらから↓ https://online.lec-jp.com/ https://track.affiliate-b.com/visit.php?guid=ON&a=37375c-y244304w&p=R652208h