それでも人事になりたいですか? ~ぷりん男爵のおもしろ人事奮闘記~

こんにちは。ぷりん男爵です。某エンターテインメント企業で、10年以上人事の仕事をしています。人事の仕事って一言でいってもいろいろありますよね。なので、このブログでは、人事の知られざる日常について、時にまじめに、時に楽しくお伝えしていきたいと思っています。肩の力を抜いてお楽しみください。

スポンサーリンク

イチロー選手が小学生だった時の作文を読んで思ったこと。

スポンサーリンク

 

こんばんは。ぷりん男爵です。

 

昨晩のイチロー選手の引退発表、突然のことだったので、本当に驚きました。

 

なかなか打てないなぁ・・とは思っていたものの、最低でも50歳まではやると明言していたイチロー選手だったので、きっとまた不死鳥のように復活するに違いない!と、どこかで期待している自分がいたんですよね。

 

ちなみに私はイチロー選手と同学年なんですよ。

 

それだけに、彼の活躍からすごくパワーをもらったし、実際にメジャーの球場に行って応援したこともあって、そこでイチロー選手がホームランをかっ飛ばしたのを目の当たりにしたときは、心の底から感動したことを覚えています。

 

しかし、あれだけ志高く、目標を高く持ち、有言実行で夢を叶え続けてきた方って、この世界に本当に数えるほどしかいないと思います。

 

新入社員研修でよく使われる資料に、イチロー選手が小学6年生の時に書いた作文っていうのがあるのですが、ご覧になった方はいるでしょうか。

 

そこには、こう綴られています。

 

 スポンサーリンク 

 

 

「僕の夢」

 

僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。

そのためには、中学・高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。

活躍できるようになるためには練習が必要です。

僕は3才の時から練習を始めています。

3才から7才までは半年くらいやっていましたが、3年の時から今までは、365日中360日は激しい練習をやっています。

だから、1週間で友達と遊べる時間は5~6時間です。

そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になれると思います。

そして、中学・高校と活躍してからプロに入団するつもりです。

そしてその球団は中日ドラゴンズか、西武ライオンズです。

ドラフト入団で、契約金は1億円以上が目標です。

僕が自身があるのは投手か打撃です。

去年の夏、僕たちは全国大会に行きました。

そして、ほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会No.1選手だと確信でき、打撃では県大会4試合のうちホームラン3本打ちました。

そして全体を通じた打率は5割8分3厘でした。

このように自分でも納得のいく成績でした。

そして僕たちは1年間負け知らずで野球ができました。

だから、この調子でこれからも頑張ります。

そして、僕が一流の選手になって試合に出られるようになったら、お世話になった人に招待券を配って応援してもらうのも夢の一つです。

とにかく一番大きな夢はプロ野球の選手になることです。

 

 

凄すぎませんか?

 

「「夢」を「夢」のままで終わらせてしまう人」と「実際に叶える人」の差が、この作文には詰まっています。

 

それは、具体的な数字を出して、目標を設定しているということです。

 

「頑張ります!」や「努力します!」と言うのは誰にでもできることです。でも、あいまいな目標は立てていないのと同じなんですよね。

 

できるビジネスマンと、ダメなビジネスマンの差って、ここに集約されているような気がします。

 

今回イチロー選手が引退するにあたって、改めて自分自身に「お前はどうなんだ?ちゃんと具体的な目標立てて仕事してるのか?」問いかけてみたぷりん男爵なのでした。

 

何はともあれ、イチロー選手、本当にお疲れ様でした。

感動をありがとうございました!!

 ━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■■ LEC東京リーガルマインド★オンラインショップ【LEC On-line】 ┗■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 法律・会計・経営・人事・労務・不動産・国際・IT・福祉系から趣味・実用まで さまさまな分野をカバー!! 取りたい資格が、きっと見つかります。 詳細は、こちらから↓ https://online.lec-jp.com/ https://track.affiliate-b.com/visit.php?guid=ON&a=37375c-y244304w&p=R652208h

 にほんブログ村 経営ブログ 人事労務・総務へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 組織・人材へ
にほんブログ村

 スポンサーリンク